仕事内容は好きで人間関係は良いのですが会社が経営難
仕事内容は好きで人間関係は良いのですが会社が経営難

 

仕事を始めたきっかけはとても憧れていた業界だったので、入社したんです。
でも私が入社して三年くらい経ってからボーナスが出なくなりました。20代だった私にとってはかなりモチベーションが下がる状況。
それでも、なりたくてなった職業、自分が担当するお客様とは長い付き合いになる仕事なので辞めたいと思っても辞めるタイミングがありません。

 

辞めるタイミングがないと思ったのは他にも理由があって、経営難からリストラも行われるようになりました。そうなると残された者がやっていくしかないという状況。お客様にも迷惑かけられないという事だけが仕事を続ける理由です。

 

経営が苦しい中で、残されたスタッフは必死に何とかやっていこうとするのでスタッフ同士の人間関係はとても良好でした。団結力が深まっていったんでしょう。

 

ただ、毎月のお給料が決まった日に頂けなくなった頃から、このままここで働いていていいのかと思うように。働いているのはボランティアではないし、お給料がもらえないと家族にも迷惑がかかる事です。

 

ここまでの状況になって本気で退職を考えるようになりました。

 

 

仕事量が多いのに残業させてもらえない

仕事量が多いのに残業させてもらえない

 

 

上司の女性マネージャーのせいでもう何人の人が辞めたかわからないくらいです。
仕事量がとても多く、日中トイレもいかず昼休みもろくにとらずに仕事をしても
定時までに終えるのは不可能なくらいの量です。
でも、納期があるので次の日に残すわけにもいかず、仕方なく残業の申請をするのですが。
残業についてはおかしなシステムで、まず私達末端の人間は直接マネージャーに話かけてはいけない決まりになっています。
マネージャ−のお気に入りで「業務管理」をしている一部の人に、まず残業の申請をして、その人からマネージャーに伝えてもらいます。
その時、私の至近距離で「何で残業する必要があるの、日中さぼっているんじゃないの」というマネージャーの文句が聞こえてくるんです。
業務管理の人も、かばうわけでもなく一緒になって悪口を言っているのが聞こえてきます。
ようやく申請がおりた残業時間はたったの30分でした。その30分の許可をもらう為に2人に1時間以上悪口を言われ
それを聞きながら仕事をしなければならない事が本当に苦痛でした。

 

 

こちらの記事もよく読まれています。

仕事場のチームワークが整っていない
仕事量と工事代金の単価が減り貰えるお金が減った
仕事量に個人差がありすぎる。
飼い主が病気について理解してくれない